私にとって携帯電話とは

携帯電話は私にとってコンミュニケーションの為に必要な道具だけど、携帯電話を使うことがあまり好きじゃない。
子供の時、アニメのヒーローが腕時計ような通信道具を持った事をうらやましがったが、今そうじゃないと思っている。携帯電話をつけて持つと、いつも探し当てられて不自由になりました。
更に、携帯電話を使い始めた後に、必ずこのツールを習わせられる。そして、自分の生活はだんだん携帯電話に制御される。
しかし、携帯電話で連絡するのはとても便利なので、私はそれに離れられない。友人との約束の場合は、突然の事故とか残業とか発生してキャンセルしなければならない時、携帯電話を持てば友達に待たせない為すぐ相手に知らせると考える。やっばり携帯電話は必要だ。

この記事へのコメント

Ecael
2008年10月08日 16:30
そうですね、確かに必要だけど、必要だからこそ嫌いかもしれない。自分は大体携帯がつけたくないが、やはりつけなければならない時もある、その不自由な感覚が本当に嫌なのに。
2008年10月08日 21:31
僕は携帯電話については張さん並に好きじゃない。同時に僕も大変便利だと思ってよく使っている。将来は耳に皮膚の下に入っている携帯電話というテクノロジーが来るかも知れない。その時、ポケットに携帯電話を探して当たられる問題がないかな。
2008年10月08日 23:26
>生活はだんだん携帯電話に制御される。
確かに、便利な道具のはずの携帯電話に、自分が使われるようになってしまうのは問題ですね。日本か、アメリカのニュースで、携帯電話がないと不安になって、病気のようになってしまう人もいると聞きました。それに、携帯電話がカバンの中になくても、ブルブルと振動(しんどう)しているのを感じるようになってしまうとか。
fantastic
2008年10月08日 23:58
そうですね。。。
わたしにとっては携帯電話はとてもべんりなものだったけど。。。ほかのひとにはふべんなものになることもありますよね。。
不自由になりますか。わたしはいつでも携帯電話はもっと自由になるとおもいましたけど。。。
ハハハ
シンティン
2008年10月09日 00:01
陳さんの意見はとてもいい意見だと思いますね。携帯電話は便利ですが、頼りにしすぎると、生活はだんだん携帯電話に制御されます。携帯電話を忘れてしまったから、何もできないで、困った人もたくさんあるかもしれないと思います。
2008年10月09日 20:17
張さんのコメントを貰った。ありがとう。ちょっと質問があるんですが田中さんは誰ですか。もちろん日本で世界中でいろいろな田中さんがありますが張さんの田中さんは僕が知らない人と思う。ところで、田中さんは携帯電話を使う。彼の電話番語を教えたらぼくは今朝に電話する。

アメリカの携帯電話よりアシアの携帯電話の方がよほどさまざまがあるんですね。張さんの携帯電話をどこに買った。アメリカじゃなかったら米国で使えるの。

私は田中さんの意見に似るらしいです。
ニューヨークで携帯電話を持つ理由について、やはり安全的な問題は重要に考える一つのポイントです。
図書館とか映画館というパブリックスペースで誰か携帯で大声で話をしたら、本当に他人を邪魔します。
ところで、アメリカよりアジアの携帯電話の種類が多いし、スタイルがきれいし。携帯電話を買えば、アジアの都市はきっと一番新しい携帯電話がありますよ。
私、張です。
2008年10月14日 00:54
>Ekul
すみません、田中先生のこの人がありません。これは私が間違いを書くのです。
私の携帯電話は私の国に買いましたよ。韓国製の携帯です。アメリカにも使えますよ。
>シンティン
私はそうと思います。でも、私は陳なくて、張です。
>Ecael、ヒロシ
私はEcaelさんとヒロシさんの意見も同じです。嬉しいですね。

この記事へのトラックバック